遺品整理、どうすればいい?

大切な故人の遺品。たくさんあるとどう整理すればいいのかわからないものです。また、少人数の遺族で遺品整理を行なうのも大変な事ですよね。そんな時は、遺品整理を行っている業者にお願いするといいでしょう。大事に、真心を持って遺品を整理してくれますよ。

遺品整理業者にお願いするメリット

男性

遺品整理がスムーズに終わる

故人の持ち家にある遺品を整理する場合は、必ずしも早く終わらせる必要は無いですが、故人が賃貸住宅等に住んでいたとなると、話は変わり、速やかに遺品を整理しなければならない必要があります。しかし、人によっては遺品整理をする時間が取れないという場合もあります。また、遠方に故人が住んでいた場合は、遺品整理をしに現地に出向くことも難しいという方もいますよね。しかし、こういった時に遺品整理業者を使う事でスムーズに遺品整理を終える事が出来ます。

遺品整理にかかる負担を減らすことが出来る

遺品整理というのは遺族にとっては体力的負担になりうる作業です。故人が一人暮らしをしていた場合などは、ベッド、タンスの家具、また大型家電なども遺品整理しないといけないので負担は更にかかります。遺品への思い入れが深ければ、精神的な負担から、遺品整理が更に進まない事もあります。ですが、遺品整理業者に遺品整理を依頼することで、このような負担が軽減されます。

遺品の供養なども受けられる

遺品整理を行っている業者の中には、オプションサービスが充実している業者もあります。オプションの1つに、遺品供養をするサービスを行っている業者もあります。故人の品を供養することにより、遺族の気持ちにも区切りが付きます。

こんな遺品整理業者は要注意!

大切な故人の品を整理する遺品整理。しかし、中には遺品を雑に扱う業者もいます。そういったサービス面での事を不安に思うならば、終日遺品整理に立ち会うといいでしょう。また、最近はいわゆる悪徳な遺品整理の業者とのトラブルが起こる場合もあります。見積り以上の金額を請求してくる、大切な遺品まで処分するという事が例で挙がっています。トラブルを回避するためにも、慎重に業者選びは行いましょう。

業者の遺品整理でのメリットや気をつけたい点アレコレ

ダンボール

遺品整理を行うタイミングは?

遺品整理に回したくないより大切な品などは、仏教の場合は四十九日を目安に先に「形見分け」をしておきましょう。遺品整理を業者にお願いした場合、一見なんの価値がなさそうなものでも、故人や遺族にとってはとても大事な品だというケースも多いですよね。そのような遺品が誤って業者に整理されないためにも、形見分けとなる対象のものは先に分類しておき、その後に遺品整理業者にコンタクトを取るのもいいでしょう。

広告募集中