HOME>コラム>遺品整理業者はサービスに注目して選ぼう【スピーディな作業】

遺品整理業者はサービスに注目して選ぼう【スピーディな作業】

男性

形見分けのマナー

生活をするためにいろいろなものを備えますが、人が亡くなれば故人が使っていたものは不要になります。遺品整理をするときには不要なものは捨てますが、残しておきたいものもあるかもしれません。京都の業者に相談をすると捨てるものと残すものを考慮しながら作業をしてもらえます。その時に形見分けをするかもしれません。家族や親族で故人の使っていたものを引き継ぎ、供養をする気持ちを持ち続けます。形見分けには古くからのルールがあります。形見分けは目上の人に対しては避けるのが一般的でした。兄弟で若い人が亡くなったとき、その兄が受けるのは良くないとされていました。また過剰な包装をしないのがルールです。そのままの状態で渡すようにします。

ダンボール

形見かそれ以外か

一人で暮らしている家族や親族が亡くなったとき、遺品整理が必要になります。京都にある業者に依頼することもありますが、その時の注意として事前に何をしておくことはないかです。何もしない方がいいのか迷うときもあるでしょう。専門業者は一般的なハウスクリーニングとは異なります。遺品になりそうなものとゴミとの区別をし、遺品になりそうなものは確認をしてくれます。ただ事前にしておくと良いこととして形見の決定になります。形見は故人とだぶらせながらこれから生活するのに必要なもので、食器や衣類など故人が使っていたものが多くなるでしょう。ただそのすべてを形見にするわけではありません。先に決めておくと業者も捨てるものと残すものを区別しやすくなります。

広告募集中